こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

怪奇短篇集 それぞれの白昼

  • 第一展示場 | J-05 (小説|ホラー・怪奇)
  • かいきたんぺんしゅう それぞれのはくちゅう
  • 阪井マチ、佐々木和泉
  • 書籍|A5
  • 100ページ
  • 300円
  • 2022/11/20(日)発行

  • "少し怖いくらい静かな夜だった。外の叢で虫が鳴く声や、遠くの道路を走る自動車の音が微かに聴こえて心地よかった。そのまま眠りに落ちそうになって、しかし、唐突に危機感が膨らんで私は目を開けた。濃厚な植物の匂いが香ったのだ"
    ――阪井マチ「植物のある風景」

    "暗闇にうっすらと浮かび上がる息子の寝顔は、へらへらと、阿呆みたいに笑っているように見えます。 その笑顔が、とても不気味に感じられました。"
     "私は何か、宇宙人でも育てているかのような孤独感を抱くことがあります。"
     ――佐々木和泉「眠れぬ夜に蓋をして」



    全編書き下ろし、八篇の怪奇小説集。

    ~収録作品~
     ■阪井マチ
     「トム子の幽霊」
     「白い動物、青い屋根」
     「植物のある風景」
     「灯りが灯っていく」    

    ■佐々木和泉
     「地球からのサプライズ動画」
     「河原の想い出、フナの味」
     「眠れぬ夜に蓋をして」
     「落花流水の詩」

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

怪奇短篇集 それぞれの白昼怪奇短篇集 夜の水族館

「気になる!」集計データをもとに表示しています。