こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

小説『透明なひと』

  • 第二展示場 Eホール | き-30 (詩歌|俳句・短歌・川柳)
  • とうめいなひと
  • 杜崎ひらく
  • 書籍|新書判
  • 184ページ
  • 800円
  • 南壮太は透明な人と住んでいる。なんのたとえでもない。透明人間の恋人と、一つ屋根の下でもうかれこれ10年も暮らしている。彼女と暮らすために諦めた写真家への道が、かすかに開きかけた時、彼は不可能な写真を撮ることに挑む。それは、自らの恋人を撮ること。そう、透明な人を写真に収めることを目指すのだった。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

小説『透明なひと』歌集『自転車修理屋』

「気になる!」集計データをもとに表示しています。