こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ひまわりの記憶 「反戦歌」より

  • 第二展示場 Eホール | う-13 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • ひまわりのきおく はんせんかより
  • 原案:香山蘭 執筆:アヤメ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 92ページ
  • 500円
  • https://twitter.com/2020dou_s…
  • 2022/11/20(日)発行
  • 現在、休業中の踊り子「香山蘭」さん
    彼女が五年以上、夏になるとほぼ一日をかけて一人の女性を「生きる」演目があります。
    それは戦前、戦中、戦後と演じられる「反戦歌」
    かつてはモガだった女性が、意中の男性と結婚するも彼は召集。
    初夜を終え、彼は早朝、旅立つ。
    その後、彼女は娼婦の道へ...。戦後の混乱と終わらない悲しみ、彼女を救ったものとは...?
    ストリップでしか演じられない演目、そして表現力、体力、精神力。
    ある意味、ストリップを超えた名作です。

    今は踊り子「黒井ひとみ」さんに継承され大切に踊っていらっしゃいます。
    同じ演目を踊られたお二人の「反戦歌」
    そして私が感じ、思う「反戦歌」を脚色をつけて書籍化。
    個人的には、売りたい!というよりも、この作品を知って欲しい。
    こんな素敵な作品が、演じられている事を知って欲しい。
    香山蘭さんという、黒井ひとみさんという素晴らしい踊り子さんがいること、
    珠玉の踊り子さんたちがいること、ストリップを知って欲しいという熱で
    書き上げた渾身作です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

聖ロック座女学園総集編+++insomnia MemoriesOne Dream Vol.1 ストリップ演目から浮かんだ物語たち 熊野あゆ編ひまわりの記憶 「反戦歌」よりアヤメのストリップ忘備録 熱海特別編

「気になる!」集計データをもとに表示しています。