こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

色々あって落ちぶれた作家が招き猫を拾ったら、実は神様だったけど、ポンコツ過ぎて災難続きになった話《第二版》

  • 第一展示場 | I-43 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • いろいろあっておちぶれたさっかがまねきねこをひろったら、じつはかみさまだったけど、ぽんこつすぎてさいなんつづきになったはなし
  • 335遼一
  • 書籍|B6
  • 500円
  • 2021/12/31(金)発行
  • 《世界暦構想シリーズ》

    過去のとある事件で一度は筆を折るも、生家を存続の為に一念発起して作家活動を再開した男『平賀 學』。
    しかし事件とその後に起こった事のトラウマと、数年のブランクからか、復帰後の作品はどれもイマイチの出来。
    振るわぬ評価と自己嫌悪、から思わず酒に逃げてしまった彼は、酩酊状態からかどこぞで招き猫を拾い、
    そのまま家に持ち帰ってしまう。

    ところがその招き猫、何を隠そう神様だった!
    「落ち目の作家」と「信仰を失った招き猫」が織り成すドタバタ物語のはじまりはじまり

    ★今回に合わせて修正&加筆を行いました《第二版》となります!
     更に書き下ろしで短めのEXエピソードも追加!
    (改訂版なので実質新刊!)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

色々あって落ちぶれた作家が招き猫を拾ったら、実は神様だったけど、ポンコツ過ぎて災難続きになった話《第二版》《世界暦構想シリーズ》 P・S・Bー円卓学園パワードスーツ部ー《世界暦構想シリーズ》ヒーローの居る町(第三版《世界暦構想シリーズ》ヒーローのいる町 2巻(第三版《世界暦構想シリーズ》水没都市のオタク市場《世界暦構想シリーズ》 世界を守護する者達 第1巻(第五版《世界暦構想シリーズ》 世界を守護する者達 第2巻(第五版

「気になる!」集計データをもとに表示しています。