こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

神の愛した男

  • 第一展示場 | N-23〜24 (小説|歴史・古典)
  • かみのあいしたおとこ
  • PAULA0125
  • 書籍|A5
  • 336ページ
  • 2,800円
  • https://kakuyomu.jp/works/168…
  • 2021/11/21(日)発行
  •  その時、盲人の目は開かれ、耳しいた者の耳は開けられる。その時、足萎えは鹿のように跳ね、唖の舌は喜び歌う。荒れ野に水が湧き出し、荒れ地に川が流れるからだ。焼けた地は沢となり、潤いのない地は水の湧く所となり、ジャッカルの伏した塒は、葦やパピルスの茂みとなる。

    (本文より抜粋)

     生まれつきの穢れとして疎まれた子供六人。彼等は、その家系の中で最も地位の低い家にまとめて引き取られ、名前を与えられた。
     長男瞻仰(せんぎょう)、次男踵(きびす)、長女雅(まさ)、三男蘖(ひこばえ)、四男雪(そそぐ)、五男謦(けい)、六男欽(きん)、次女和(かず)。八人の子供達は、長男瞻仰と三男蘖以外、穢れとして蔑まれながらも、義両親、いや、両親からたっぷりの愛情を注がれて育つ。
     ある日踵は、唯一の兄瞻仰と、父の、『幸福』を知る。だがその『幸福』の正体は―――。

    ※本作には時代考証の観点から、障がい者・女性差別表現がありますが、それらの差別を助長する意図はありません。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

オタ活訳聖書 創世記1カリオテの男(特装版)いくそす。ふぁんぶっくす。2〜冠の男編〜もう一人の男オレアに願いを—もう一人の男外伝集エゴ・エリス3エゴ・エリス2Alleluia MOEluia BLuia!〜キリスト教教派擬人化BL〜 「カルぺ・デイ」エッケ・アマンティウム—双子の男外伝集神の愛した男ある村の話〜神の愛した男外伝神が愛した男天国の鍵穴〜神が愛した男外伝集神を愛した男羊の子守歌—神を愛した男外伝集う゛ぉいくそす。