こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

HAUNT 廃墟短編集

  • オ-05〜06 (小説|純文学)
  • ほーんと はいきょたんぺんしゅう
  • 荒野羊仔& 星川於清
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 182ページ
  • 1,000円
  • 2020/11/22(日)発行
  • A6/P182/¥1000
    廃墟をテーマとした短編集。
    お互いにイラストを付け合う新しい試みです。

    収録作品
    「荒廃」荒野羊仔
    あらすじ
     大学二年生の小山内は、資産家の箱入り娘である魚住を殺害しようと目論んでいた。着々と準備を進めていく中で、魚住から大学一年生のカメラ女子、久保田を紹介されたことをきっかけに、徐々に計画の歯車が狂い始めていく。廃墟でのポートレート撮影を通じ、久保田との情事を重ねた末に、小山内に訪れた結末とは。殺人と承認欲求、SNSの闇を描いたクライムサスペンス。

    「彼方の城」星川於清
    あらすじ
     「城を探すのです」
      王妃は厳かに私に命令する。そして私は遂行する。
      王国に相応しい城を探すだけの、小さな話。荘厳で優雅で、儚く脆く、しかして決して破れぬ強固なそこは、夢か現実か。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

HAUNT 廃墟短編集フリーペーパーその一フリーペーパーその二惨劇の夜会 第二版惨劇の饗宴

「気になる!」集計データをもとに表示しています。