こちらのアイテムは2020/11/22(日)開催・第三十一回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十一回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

希美の中身

  • ウ-20 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • のぞみのなかみ
  • 芦田 芋助
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 236ページ
  • 1,000円
  • 2020/03/22(日)発行
  • 立花希美は人間を食べる。顔面に刻まれた十字の傷は花のように開き、人間に食らいつき、丸呑みにしてしまう。

    しかし希美は己の生まれ持った恐ろしい特性に気が付かぬまま、目立つ傷がある、という悩みとして特性を捉え、生きていた。

    気づいたときには遅かった。
    大切な人を、食べてしまった。

    『何人殺して今日まで生きた』

    希美の人生は続く。死なない限りは生きていく。そんな希美の人生を、希美の中から見届けるのだ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ふたり重ねた夜のこと希美の中身雪子と暮らす

「気になる!」集計データをもとに表示しています。