こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

北のアトリエ

  • コ-04 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • きたのあとりえ
  • 智梅栄
  • 書籍|A5
  • 46ページ
  • 500円
  • 2019/11/24(日)発行
  • 智梅栄の個人サークル「李梅書房」のサークル会誌創刊号です。北海道とファンタジイへの愛を込めてお送りいたします。

    ↓以下収録作品紹介↓


    善き魔導師の傷跡

    - The Sainted Sorcerer's Scar -


    鼠小屋の魔導師

    今際の母に好物の干葡萄を食べさせるべく盗みを働いてしまった娼婦の子ティッサは、追手に捕まり右手を失ってしまう。

    満身創痍のティッサを助け、新たな右手を与えたのは、指物師にして魔導師のキィスであった。

    キィスに導かれ、ティッサは世界の果へと歩き出す。

    ハイファンタジイ短編

    『善き魔導師の傷跡』本編第1章

    ※カクヨムで連載中(https://kakuyomu.jp/works/1177354054891847289)


    蜘蛛の脚

    チズン(キィス)は指物師であり、魔導師である。

    ティッサと出会う前、彼は脚の欠けた一匹の蜘蛛と旅をしていた。

    ハイファンタジイ掌編

    『善き魔導師の傷跡』Episode 0.5

    ※書き下ろし(Web再録予定なし)



    ゆきの足跡

    - Steps Go On -

    雪の降る日、受験生の私はひとり留守番をしていた。

    雪の階段が私と世界の境界線。

    そして私は、独りになった。

    幻想ホラー掌編。

    ※カクヨムに掲載済(https://kakuyomu.jp/works/1177354054886015279)



    私の傷跡 〜あとがきに代えて、というか唯の自分語り〜

    智梅栄の故郷は北海道・十勝地方。

    私の家は緑豊かでとってもボロい。

    『北のアトリエ』発行に至る心の真ん中を明かすエッセイ。

    ※書き下ろし(再録予定なし)



ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

北のアトリエ終わりの国のトワを布教する折本

「気になる!」集計データをもとに表示しています。