こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

本の未来研究会リポートNo.008「文学フリマ」が切り開いた文学の新しい市場

  • ア-61〜62 (小説|その他)→配置図(eventmesh)
  • ほんのみらいけんきゅうかいりぽーとぶんがくふりまがきりひらいたぶんがくのあたらしいしじょう
  • 望月倫彦 発行者:本の未来研究会
  • 書籍|その他
  • 8ページ
  • 0円
  • 2019/10/30(水)発行
  • 『本の未来研究会リポート』は、文芸系出版社有志が定期的に開催している勉強会「本の未来研究会」の内容をまとめ、日本文藝家協会会員に送付されている小冊子です。
    2019年9月17日に日本文藝家協会会議室で行われた同会で、文学フリマ事務局代表・望月倫彦が約2時間にわたり講演を行いました。 その内容をまとめた冊子がこの『本の未来研究会リポート No.008』です。
    今回は特別に、この冊子を文学フリマの会場で先着50名に無料配布します!





ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

第二十九回文学フリマ東京出店者カタログ本の未来研究会リポートNo.008「文学フリマ」が切り開いた文学の新しい市場イーハトーヴの夢列車 二号車