こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

くくるちさまのねだるもの

  • サ-02 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • くくるちさまのねだるもの
  • 日野裕太郎
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 128ページ
  • 600円
  • 2018/11/15(木)発行

  • 双葉の家はくくるちさまを信仰している

    自宅の暗い庭の一角、
    くくるちさまの御座す井戸に、毎日双葉は針をお供えしていた

    静かな町にあるとき学生がフィールドワークに訪れ、
    くくるちさまのことを調べはじめる
    すると町のおとなたちが反応し――
     
    気づけば双葉は
    怪異のただなかに立たされていた

    クトゥルフ系怪異譚、中編

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

魚のカオルと大明神又々少年、古書の海で腹を括る骨網さんはいつも忙しい金烏の褥に沈む花くくるちさまのねだるもの獅子の影は夜にわらう清く正しく忌まわしく、ゆけどもどれぬゾンビライフきれいで汚い箱の底

「気になる!」集計データをもとに表示しています。