こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

『アレ』Vol.5

  • オ-48 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • あれ・ぼりゅーむ・ふぁいぶ
  • アレ★Club
  • 書籍|A5
  • 256ページ
  • 1,000円
  • 2018/11/25(日)発行
  • 【ご挨拶】

    こんにちは、〈アレ★Club〉です。
    いよいよ今号から、当会が制作するジャンル不定カルチャー誌『アレ』が第二期に突入します。
    そして、今期の幕開けを飾る新刊『アレ』Vol.5を、今回皆様にお届けします。

    【今号の特集】

    今回の特集は「Workを捉えなおす」です。
    日本語では「労働」や「仕事」と捉えられがちな「Work」ですが、本来は「作業」・「研究」・「行動」など、様々な意味を持つ言葉です。
    そこで、今号ではそんな「Work」の捉えなおしをテーマに、「Work」の多様性、ひいては私たちの生き方について考えていきます。
    浮雲宇一さん描き下ろしの表紙が目印です!

    【目玉記事】

    今号の目玉記事は以下の四つです。

    ①井上明人インタビュー:「ゲーム時代」の攻略法
    『ゲーミフィケーション』(2012,NHK出版)の著者であり、『ゲンロン』や『PLANETS』といった批評誌にも寄稿しておられる立命館大学ゲーム研究センター客員研究員の井上明人先生のインタビュー記事です。
    今回は「ゲーム(の研究)」を仕事にすることを中心に、様々な場面で「ゲーム」が用いられている現状や、そうした社会で私たちが生きる上での攻略法についてお話を伺いました。

    ②山田拓司インタビュー:微生物研究の最前線から考える「自己」の境界
    東京工業大学生命理工学院准教授で(株)メタジェンの副社長CTOでもある山田拓司先生のインタビュー記事です。
    今回は東工大発のベンチャー企業であるメタジェンのお話を中心に、微生物の研究・利用を通じた社会との関わり方についてお話を伺いました。

    ③アラン・バディウ特別寄稿:新石器時代、資本主義、共産主義
    前号『アレ』Vol.4に特集巻頭言をご寄稿いただいた哲学者のアラン・バディウ先生による特別寄稿です。
    思弁的実在論やSFでしばしば扱われる「ポスト・ヒューマン」などの概念について、「熱い」批判が繰り広げられています。

    ④小泉義之特別寄稿:最後のダーク・ツーリズム
    前号『アレ』Vol.4でインタビューにご協力いただいた『生殖の哲学』(2003,河出書房新社)の著者である小泉義之先生による特別寄稿です。

    今年完結した『少女終末旅行』を題材に、精神分析的読解や生殖未来主義への批判を通し、真の「ポスト・アポカリプス」的作品とは何かを問い直したものとなっています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

イリエの情景 〜被災地さんぽめぐり〜1イリエの情景 〜被災地さんぽめぐり〜2イリエの情景 〜被災地さんぽめぐり〜3(完)あめつちの言ノ葉遺書 第一巻無名の一次創作文芸個人サークルが1年間で500部頒布する方法。#むいちもん【同人編】おもちくんメソッド〜創作同人活動に行き詰った人のための、明日を生き抜くヒント〜 同人編【創作編】おもちくんメソッド〜創作同人活動に行き詰った人のための、明日を生き抜くヒント〜 創作編新装版 自転車で関東一周してみた。煤煙短篇集 いきとしいけるもの短篇集 過去からの脱却ジーク・ヨコハマ『アレ』Vol.7『アレ』Vol.5『アレ』Vol.3まいにちずんば1+2おにこくらぶ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。