こちらのアイテムは2019/11/24(日)開催・第二十九回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十九回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

北原白秋門下三羽烏のことがなんとなく分かった気になる本。

  • チ-15 (詩歌|現代詩・散文詩)→配置図(eventmesh)
  • きたはらはくしゅうもんかさんばがらすのことがなんとなくわかったきになるほん
  • ビス子(実は浅見恵子)
  • 書籍|A5
  • 16ページ
  • 400円
  • 2019/03/24(日)発行
  • 近代詩の萌えの至高!
    北原白秋門下三羽烏といわれた萩原朔太郎・室生犀星・大手拓次のことや、四人の関係性などがザックリと分かる内容になっております!思っていた以上にフライデーな感じに仕上った予感。
    是非お手に取ってみて下さい。

    ※増補改訂版です。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

蓮は黙す 力の群れPoem Season星座の骨北原白秋門下三羽烏のことがなんとなく分かった気になる本。僕は僕の船でゆくいしかり散文詩集

「気になる!」集計データをもとに表示しています。