こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

エルンスト文書 失われし種族とその軌跡 1

  • ソ-24 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • えるんすとぶんしょ うしなわれししゅぞくとそのきせき 1
  • 柏・高村千里・碧
  • 書籍|A5
  • 134ページ
  • 2019/05/06(月)発行





  • 世界は、今や転換期を迎えつつある。
    いや、本当はこの国が、この街の体制が終わりゆくだけで、森の中や山の向こう、海の果てにはまだかつての世界、平和な場所が遺されているのかもしれない。
    けれど、ここは違う。
    ここは終わりだ、と私は思う。
    はじめはちょっとしたことだった。すこし寒くなった大気に晒され、野菜の収穫量が減ってしまった。すこし空腹を覚えたので、ある人々は新しい食べ物を探した。やがて出来上がった新しい穀物の栽培をはじめた。
    すると、からだの調子がおかしくなる者が現れた。業火の熱をからだの中から感じて、地獄の叫びを上げて死ぬ者。あるいは、見えない何かに寄生されて、その養分を吸い取られていくように、じわりじわりと衰弱の一途を辿る者。そんなこと、人間は知る由もなかった。
    一方で、“恵みの穀物”と呼ばれた新しい穀物……ハイル麦の拡散は、人間社会にさらなる豊かさと、素晴らしい発展をもたらすものだと、誰もが信じていたのに。
    はじまりは、かつて栄華を誇った大国の皇帝の突然死。そこから始まった、世界の秩序の崩壊。国の境目が日々変化する、侵略戦争。逆説的にもたらされた食糧難による飢餓と、みるみるうちに信じ難いような格差の広がった社会。
    そして人間ではないナニカは、軋むからだの理由もわからない。自らをこのような運命に決定づけた罪のありかもしらない。彷徨い、迷い、歪んだ視界に希望を探すほかない。 
    そんな彼らの耳に流れ込む噂。
     「どこかに楽園がある」
     「そこに行けば、自らが何者なのか、知ることができる」
     これは、最後の聖域、聖山エルンストで発見された、大量の資料からの抜粋。
     あるいは、“そこ”を目指す者、探す者、後にする者の群像劇。

     この後に生まれる新世界の住人たちが、この文書を発見し、訓戒として良き世の中の形成に役立ててくれることを、切に祈る。

    アカセオ暦1607年
    ヨハネス・コンスタンス
    (『エルンスト文書』前書きより)


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

エルンスト文書 失われし種族とその軌跡 1

「気になる!」集計データをもとに表示しています。