こちらのアイテムは2019/5/6(月)開催・第二十八回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十八回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

だれかのいたくに

  • ツ-38 (小説|短編・掌編・ショートショート)→配置図(eventmesh)
  • だれかのいたくに
  • 半野樹
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 44ページ
  • 300円
  • 2018/05/06(日)発行

  • 見覚えのない景色。


    だれもいない景色。


    これ以上歩いても得るものはないというのに、


    だれかがいたことが訳もなく悲しい。




    語り手が見る景色を追体験し、死体の意味を考えていくお話。


    i.つづら折りの坂

    1.膨らみ続ける水海

    2.壊された刃物

    3.塗り潰す草花

    4.膿む太陽

    5.青黒い霧雨

    6.食い荒らされる田畑

    7.散らかった宝石

    8.骨への灯火

    9.焼かれた墓山

    0.私を吸い上げる樹木

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

流水帰譚夢十夜夢十夜短歌異類婚姻譚だれかのいたくにSin

「気になる!」集計データをもとに表示しています。