こちらのアイテムは2018/5/6(日)開催・第二十六回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十六回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

わたしのほおずきさま

  • イ-52 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • わたしのほおずきさま
  • 茉莉ゆんゆ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 116ページ
  • 600円
  • 2017/11/23(木)発行

  • 繋がれた縁に導かれて……足を踏み入れたそこは狭間の世界。
    畏怖と幻想が織りなす、ひと夏の物語。



    入りたくもなかった三流大学。
    専攻はまるで興味のない民俗学。
    双葉アオイは青春とはほど遠い、至極つまらない大学生活を送っていた。
    そんなある日、大学内唯一のお気に入りである〈喫茶・燈〉 のマスターから、一冊の薄汚れた本を手渡される。
    そこに書かれていたのは、とある島に伝わる神〈ほおずきさま〉と、六十余年前に起こった奇妙な事件についてで…。

    導かれるように〈ほおずきさま〉のもとへ向かうアオイ。
    やがてよみがえる、懐かしい魂の記憶。
    炎を宿す鬼灯たちに誘われて、狭間の世界への扉が今開かれる――。


    試し読みはコチラ→https://estar.jp/_novel_view?w=24904884

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

わたしのほおずきさま星待ちの海光の降る街影

「気になる!」集計データをもとに表示しています。