こちらのアイテムは2018/5/6(日)開催・第二十六回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十六回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

DAISY CHAIN vol.21

  • B-04 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • でいじー ちぇーん
  • 阿部ポリブクロウ、梅田順平、早川史生、瑞穂はじめ、宮野繭子、他
  • 書籍|A5
  • 76ページ
  • 300円
  • 2018/05/06(日)発行
  • 新刊がいよいよ2018/5/6より頒布開始です!
    書き下ろし小説4本にマンガ1本というラインナップです。
    実力派作家の最新作と、人気のマンガがそろい踏み!
    新刊掲載作については、こちらでも詳しく!
    新刊! 「DAISY CHAIN」の情報まとめ
    よろしくお願いいたします
       

    「浮遊ドライブ」宮野繭子

    「もし私がその消えた親戚を探してほしいって頼んだら、
    あなたは私と一緒に来てくれるのかな」(作中より引用)

    不思議な日本語を話す女性と出会った。
    頼ろうとしていた
    親戚が消えてしまったと
    いうのだが……。僕と彼女の短いドライブ。

    純文学の名手、宮野繭子の最新短編!



    「さすがさんと初夏の紙吹雪」

    早川史生

    「さすがさん」
     そう声をかけたお相手は、わたしにとって〈さすが〉な先輩である。 (作中より引用)

    名探偵は本屋さんにいる! 新人アルバイトが
    なぞの紙吹雪を見つけて足を止めた。
    日常の謎に挑むさすがさんの事件記録!

    アルファポリスキャラ文芸コンテストの最終選考作
    「さすがさんと春色の研究」からスピンアウト短編!



    「注釈の多い小料理店」梅田順平

    「若い頃はそうやって後悔するってのは大切なんですよ。
     僕も若い頃は毎日のように後悔してたな。」 「はい。」
     佐藤は返事をしながら教授に向き直った。
     教授は視線を合わせゆっくりと話し始めた。授業開始の合図である。
     私と店主は「始まったか」と苦笑い。(作中より引用)

    ミスをして落ちこんだ後輩を、元気づけるために
    小料理店に誘った。
    店の奥にいた教授が
    語りだす奇想天外な与太話!
    小料理屋の
    おすすめのような、おつな掌編小説!



    「けっこいひと」瑞穂はじめ

    「わたしは、つきひを助けたいの。そのためにいったん戻らないと」
    裁判で争うことになっても、まずはそこからだった。披露宴会場に
    戻ったという事実があるだけで格段に戦いやすくなる。(作中より引用)

    隣に座ったのは結婚式を抜け出してきた花嫁!
    慰謝料請求されて、
    結婚詐欺で懲役くらって
    21歳で人生終わりだよ? 東京から遠ざかる

    新幹線の中、新人弁護士の説得がはじまる!

    またしても新潮ミステリー大賞を逃してしまった
    編集長の最新作! 
    ノンストップ・ミステリー!


    阿部ポリブクロウ先生の
    新作マンガも掲載!

    弊誌のかくれ人気コンテンツ。
    立ち読みで全部読んで!


    DAISY CHAINはデザイン周りもセールスポイント!
    プロデザイナーの手による美麗装丁、読みやすいレイアウト、
    はては専門誌にまで掲載されたユニークなオリジナルロゴまで。
    手に取るだけでも楽しい一冊になっています。

    5/6(日)文学フリマ東京は、
    一階B-4までぜひお越しください!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

DAISY CHAIN vol.21

「気になる!」集計データをもとに表示しています。