こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

怪盗ゴシックフェアリー

  • キ-35 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • かいとうごしっくふぇありー
  • 見月七蓮
  • 書籍|A5
  • 400円
  • 2016/05/01(日)発行
  • 怪盗とシスター見習い、二人の少女は、満月の夜に祈り捧げる。
    そして、怪盗を追いかける警察見習いの少女。
    三人の出逢いは偶然か、必然か。百合とゴシック、学院の謎。
    女の子同士の好きと、ちょっとだけ慌ただしい日常を描いた作品です。

    ☆☆☆ Introduction ☆☆☆
     角笛を吹き鳴らせ
     新月、満月、
     わたしたちの祭りの日に。
    (新共同訳聖書・詩篇81篇4節より)

    「お月様出てる?」
     少女は問う。パステルピンクと、パステルパープル。ツートンカラーの髪を左右に揺らし、夜空を眺めた。
    「今宵の月は、とても美しい皓月(こうげつ)」
     その隣でシスターは答える。清楚さを引き立てる純白の修道服とベールが、月の光で幻想的に照らす。
    「月魄(げっぱく)より注がれしエナジー、この翅(はね)に受け止めて」
     妖精を模したゴシック衣装を身にまとった少女は、薄っすらとイルミネーションのような輝きを放っていた。月光に呼応するかのように。
    「聖霊は、神より与えられし」
     シスターが少女に手を差し伸べる。少女はその手を握りしめ、続けて言った。
    「聖霊よ、仮の器たる我へ」
     少女の瞳は猫の目のように光り、舞い込んだ風が辺りを揺らす。
    「神の御心のままに、捧げ物を」
     そう言って、シスターが少女の手を放すと
    「怪盗ゴシックフェアリー、頂戴に参ります☆」
     少女は、お月様に向かって名乗りを上げた。
    「始めましょうか♪」
     シスターが楽しそうに合図を出す。少女とシスターは互いに向き合い、お祈りのポーズで目を閉じた。
    「「わたしたちのお祭り(ゲーム)を」」





ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

魔法音快ゴシックライブ!怪盗ゴシックフェアリー

「気になる!」集計データをもとに表示しています。