こちらのアイテムは2016/5/1(日)開催・第二十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

平家物騙

  • ク-13 (小説|歴史・古典)→配置図(eventmesh)
  • へいけものがたり
  • 宗谷 圭
  • 書籍|A5
  • 32ページ
  • 400円
  • 2016/05/01(日)発行
  • 屋島の戦いで活躍した弓の名手、那須与一。 己の力量に奢りそうになると悩む彼に、義経が大陸に伝わる古い話を語りだした。 何でも大陸には、羿という名の弓の名手がいたのだと言う……。(羿の如く)

    明石の須磨寺で、夜な夜な笛の音が聞こえてくるという。 その怪異を解き明かしに寺を訪れた陰陽師、安倍有世が見たものとは……?(小枝の詠)

    那須与一と、中国の伝説を組み合わせたら? 敦盛と耳なし芳一だったら? そんな好奇心から生まれ出た小説を全部で五話。『平家物語』をベースとした歴史小噺を騙り語る、短編集です。


    有名どころの人物では、源義経、武蔵坊弁慶、那須与一、木曾義仲、巴御前、平清盛等が登場します。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

平家物騙月落於五丈原夜遊び皇帝駆出し陰陽師と夜桜の君守りの鏡死絵馬伝説の勇者選考面接会場はこちら

「気になる!」集計データをもとに表示しています。