こちらのアイテムは2015/5/4(月)開催・第二十回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第二十回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

十一月荘 創刊号

  • Eホール(1F) | D-37 (小説|短編・掌編・ショートショート)
  • じゅういちがつそう
  • たびね町編集室
  • 書籍|B5
  • 200円
  • http://blogs.yahoo.co.jp/tabi…
  • 2012/2/26(日)発行
  • 十一月荘』 101号室(創刊号)

    たびね町編集室の刊行物第1号。創刊号のテーマは「お茶会」です。
    久しぶりに会う友達と話す時のような、おしゃべりの楽しみと刺激を、誌面にとどめる試み。

    編集室のいち押しは、吉田田吉「気仙沼で暮らす」。
    2011年3月11日の震災当日と、そこからの日々を克明に記録した手記です。
    筆者は決して雄弁ではありませんが、「復興」というこれからの長い道のりを
    一緒に歩んでいこうと思う方に、当地の人たちの思いを伝える手がかりになればと思います。

    2012年2月発行 自家製本・40p 表紙:梶原園子 中扉:りうん

    丸本文恵 「緑の扉をぬけて~高楼方子の長編ファンタジーを読む」
    なほなほ 「なほなほ通信 完全版 スペイン・ロンドン編」 
    くまねえ くまねえの茶柱コラム「なまはげ」      
    りうん  「コッペリウスと私」
    三好万理  「かおりさんのお店」
    吉田田吉  「気仙沼で暮らす」           
    執筆者アンケート(執筆者紹介) 

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

十一月荘 創刊号十一月荘 第3号(103号室)『十一月荘』第2号(102号室)十一月荘第4号(104号室)十一月荘第5号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。