こちらのアイテムは2023/7/9(日)開催・文学フリマ札幌8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ札幌8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

中国語の密室における三体問題

  • い-15 (小説|ミステリー)
  • ちゅうごくごのみっしつにおけるさんたいもんだい
  • ソルト佐藤
  • 書籍|A5
  • 40ページ
  • 300円
  • 2023/5/21(日)発行
  • 密室の扉の向こうの存在は何か?』

    ■チューリング・テスト

    アラン・チューリングが提案した、ある機械が「人間的」かどうかを判定するためのテスト。 人間の審査員が、1人の人間と1つのプログラムに対して会話を行い、このとき人間もプログラムも人間らしく見えるように対応する。

    ■中国語の部屋

    哲学者のジョン・サールが1980年に発表した思考実験。中国語を理解できない人を小部屋に閉じ込めて、マニュアルに従った作業をさせるという内容。チューリング・テストを発展させた思考実験で、意識の問題を考えるのに使われる。

    ■密室

    外部からの侵入が不可能な部屋のことを指す。通常、密室は、内側から施錠されたドアや窓があり、外部からの侵入が困難な状態になってる。ミステリー小説においては、密室は犯罪の不可能性を示し、謎解きの魅力を高める要素として用いられる。

    ■三体問題

    古典力学において、互いに重力相互作用する三質点系の運動がどのようなものかを問う問題。二体と違い、三体問題を一般の初期値に対して解くことはできない。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

中国語の密室における三体問題人類の滅んだ世界の片隅で、犯『人』を指摘するメイドロボ先史時代のダイイングメッセージゆる密室□朝比奈ひかりは双子の姉とは絶対に入れ替わらない。

「気になる!」集計データをもとに表示しています。