こちらのアイテムは2023/9/10(日)開催・文学フリマ大阪11にて入手できます。
くわしくは文学フリマ大阪11公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

仔猫ちゃんといっしょ

  • I-30 (小説|短編・掌編・ショートショート)
  • こねこちゃんといっしょ
  • 瑞穂檀
  • 書籍|B6
  • 24ページ
  • 200円
  • 2020/8/16(日)発行
  • ソフトBL/読切りシリーズ/SF風コメディ

    宇宙警察官クラムゼンは、惑星チキューに赴任中。
    同居しているのは、原住民の少年・シノブと、仔猫のタケコ。

    ......★.........★..........★......★.........★..........★.........★..........★

     朝食のテーブルに並ぶのは、ドーナッツである。 2DKのマンション。
    朝の光を浴びながら、クラムゼン・サー・ロレングラムはそのワッカにかぶりついた。
    「善太郎は、甘党だよね」 同居人・佐藤偲はホットチョコレートをマグカップに注ぎながら、ぼやいた。このぼやきも、朝食の席の習慣となっていた。
     ドーナッツは、母星の菓子であるスートリに似ているのだと、クラムゼンはこれまた幾度となく繰り返した返答をした。
    クラムゼンは今現在、母星であるところの偉大なるオゴーンを離れ、チキューで起居をしていた。
    理由はといえば、仕事、の一言につきる。 組織から与えられたこのマンションに居を落ち着けた時には一人きりだったのだが、それからささやかな紆余曲折を経て、同居人として佐藤偲という原住民が増え、それに付随して原住生物・タケコが加わった。
    タケコは猫であり、母星の愛玩動物・アオーンに似ている所が郷愁を慰めてくれる。
    「今日の講義は何時限目から?」 砂糖をまぶしたドーナッツを眺めながら、偲が確認してくる。
    クラムゼンは大学生なのだ。それもこれも、現地に同化し職務をやりやすくする為の、苦心の策である。
    「一時限目からだ」
    偲は時計を見上げる。
    「そろそろ行ったら?」
    「うむ。今日は午前中で全ての講義が終了する。昼には帰宅するぞ」
    「あっそう」
    ドーナツに口をつけることなく、偲は食器を片付けはじめた。
    偲は低血圧らしいのだ。したがって、朝は食欲が無いのだと……いつも言っている。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

栄螺こいじぞうドリームピーマン二人で行った場所夏空灯に寄りて灯と共にベンチの妖精憂鬱の泉闇で抱きしめて仔猫ちゃんといっしょボタン

「気になる!」集計データをもとに表示しています。