こちらのアイテムは2019/3/24(日)開催・第三回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第三回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

春の骨

  • ア-02 (詩歌|郷土)→配置図(eventmesh)
  • はるのほね
  • 浅見恵子・潮田明日美
  • 書籍|B5
  • 24ページ
  • 700円
  • 2018/05/06(日)発行
  • 浅見の詩を潮田に渡して、そのイメージを元に撮影して一冊にまとめました。
    残部は数冊を残すのみとなりました。お早めにどうぞ。

    詩一部抜粋

    「狂々(くるくる)」
    花という花から毛が生えて
    土という土からあふれている
    流れるそれは
    すでに香りではない
    (後略)

    「開く春」
    土をまさぐる獣の
    あたたかい手の肉が
    種をほり起こして
    肥やしとまぜる
    爪に掻かれてちぎれる根
    くちばしからこぼれる虫
    (後略)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

北原白秋門下三羽烏のことがなんとなく分かった気になる本。星座の骨春の骨僕は僕の船でゆく

「気になる!」集計データをもとに表示しています。