こちらのアイテムは2018/3/25(日)開催・第二回文学フリマ前橋にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ前橋公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

それぞれの光の元で

  • エ-22 (小説|短編・掌編・ショートショート)→配置図(eventmesh)
  • それぞれのひかりのもとで
  • 浅縹ろゐか
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 120ページ
  • 700円
  • 2017/02/12(日)発行
  • そこは、宝石の神々が住まう地区。宝石の神の役目は、産出地の保護と巡回である。長い時を生きる彼らの日常を追った作品。真珠・ラピスラズリ・タンザナイトの神様達の、暮らしを描いた物語。ほのぼの日常系が好き、ちょっと不思議な話が好きな方におすすめです。URL先で試し読みできます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

それぞれの光の元で名無しの裏稼業さえずる小鳥吸血鬼の戯言おみくじ栞

「気になる!」集計データをもとに表示しています。