こちらのアイテムは2024/1/14(日)開催・文学フリマ京都8にて入手できます。
くわしくは文学フリマ京都8公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

窓があるから、世界が眩しすぎる

  • し-48 (詩歌|現代詩・散文詩)
  • まどがあるから、せかいがまぶしすぎる
  • 星野灯
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 30ページ
  • 700円
  • 2023/1/15(日)発行
  • 星野灯 第2ミニ詩集。


    二冊目の私家版ミニ詩集。

    表紙にはウサギが描かれている。

    選抜理由はその年の干支であったため。

     

    世界の広さを教えてくれる「窓」や

    亡き母に宛てた「美しさ」など収録。

     

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ことばを育む手のなかで空が青くない日でも窓があるから、世界が眩しすぎる星は星であるために光る

「気になる!」集計データをもとに表示しています。