こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

祈りのようなもの、全部

  • い-32 (小説|純文学)
  • いのりのようなもの、ぜんぶ
  • 凪沙帳
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 132ページ
  • 500円
  • 「喪失」と「祈りのようなもの」を描いた短編集。 失恋した「私」は次の恋の芽生えに戸惑いながら、 止まった時計に思いを託すことにした。「何が本当 か話そうか」 紅茶の姫君が死んだ。彼女と旅した悪魔の回顧録 「紅茶忌」 少女は極彩色の世界にいた。降り注ぐ桜の花弁は刃 物のようだった。「サイケデリック・フラワーガー デン」 天使が行ってしまう。約束された喪失の日がやって きた。「天使の梯子を掴むような」他五編。 人も悪魔も天使も祈る。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

祈りのようなもの、全部中綴じのテスト〜いきあたりばったりの短編コンビニで食べたいものがなかった人に見える海

「気になる!」集計データをもとに表示しています。