こちらのアイテムは2022/1/16(日)開催・第六回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

スーパーリラックス vol.0

  • あ-31〜32 (評論・研究|美術)→配置図(eventmesh)
  • すーぱーりらっくす
  • 劇団速度
  • 書籍|B5
  • 28ページ
  • 2021/10/01(金)発行
  • 2022年から、劇団速度は「レトロニム」へと集団名を変更し、新たな活動を展開していきます。

    スーパーリラックスは、誕生からこれまでの速度を振り返り、これからの活動を準備するために制作したものです。


    由来となった「レトロニム」とは、ある言葉や状況の示す意味が時代とともに変化したり拡張されたりしたときに、それまで使われていた言葉が名付け直されたり、あるいは名付け直すこと自体を指します。

    よく例に出されるのは「アコースティックギター」や「フィルムカメラ」などですが、劇場で上演をみる、というそれまで当たり前だった状況に対し、コロナ禍でリモート上演とか配信上演などが隆盛し、「劇場で上演をみること」それ自体が選択肢の一つになったような状況も、レトロニムかも知れません。 当たり前ですが、まず「何か新しいもの」を生み出すことから始まります。それが同時に、過去を捉え返すことにも繋がる。新たな団体では、そんなレトロニムという言葉を名前に冠しています。 メンバーは変わりありませんが、活動の仕方が大きく変わることと思います。 集団として、これまで劇場での上演を軸に培ってきた「ものごとの面白がり方」を、劇場から流出させるように、生活というコンテンポラリーの中に引用し、さまざまな出来事に応答していければと思います。それを、ともに観客として、眺め、語り、共有可能なものにしていこうと思います。


    スーパーリラックス vol.0

    目次

    ・レトロニム宣言

    ・劇団速度 直接行動の記録 — 活動年表

    ・それぞれの速度 — 結成の経緯やメンバーについて

    ・実録アーティストインレジデンス 簡易版 — 朴建雄による城崎滞在記

    ・劇場から流出する — 『景観と風景、その光景(ランドスケープとしての字幕)』概説

    ・個室

     野村眞人 — 「観客席について考える」ための漫才風

     瀬戸沙門 — 「コンベックスの男 かいぼう図」

     武内もも — 「枕元の漂着物」

    ・特別付録 — 瀬戸沙門の「肉ジオラマを作ろう」ペーパークラフト


    カバー写真 simizu kana

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

スーパーリラックス vol.0

「気になる!」集計データをもとに表示しています。