こちらのアイテムは2021/1/17(日)開催・第五回文学フリマ京都(中止)にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ京都(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

【新刊】鐵と金剛

  • お-03 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • てつとこんごう
  • 蒸奇都市倶楽部(赤煉瓦)
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 400ページ
  • 1,000円
  • 2021/01/17(日)発行
  • 新刊!!


    ――私たちの世界と選択肢はあの日に奪われた
    故郷を喪った双子、リーゼルとクァナは〈蒸気都市〉帝都へ落ち延びる。
    身寄りのない二人を預かることとなったのは初老の「なんでも屋」三堂鐡志だった。
    しかし人間と蒸気機関に大きな不信をいだく姉のリーゼルは、三堂に怒りと不安をぶつけることしかできず不和を生みだしてしまう。そんなリーゼルの言動に三堂は理解を示し……。

    そのころ工作員シヴァ・エンドラも帝都へ降り立っていた。 彼の目的は帝都へ逃げ込んだ〈来たるべき種族〉である双子の確保であった。さっそく行動を開始したシヴァは瞬く間に三堂の存在をつかみ、魔手をその背後に伸ばす。

    双子の行く末をめぐり三堂とシヴァが衝突する。
    リーゼルとクァナの叫びがこだまし、蒼の閃光が帝都を貫く。

    〈蒸気都市〉帝都 幻影の双貌編 第四作!

    鐵と金剛


    その光は、帝都に射す希望の曙光となる。

    「人間は嫌いだが、テツシのことは嫌いではないぞ」


    ◇作品概要
    スチームパンク“風”を旗印に活動しております蒸奇都市倶楽部のシリーズ、
    「〈蒸気都市〉帝都 ~幻影の双貌篇~」の第四弾です。
    なんでも屋の三堂鐡志は知り合いの依頼で帝都に逃げ込んだ双子を預かる。
    三堂は双子に帝都での生き方を教えようとするが反発され上手くいかない。
    そして双子を狙っていた工作員が三堂たちの前に現れ……。

    本文は18行×40文字、12級
    過去作同様に本作も自信をもってお送りします!

    表紙・挿絵・カバーデザイン:へっぽこタルト


    ◆試し読み


    本編『第一幕』の9割が読めます
    Googleドライブ設置のPDF(直リンク)か
    BOOTH(pixivアカウントが必要)での0円頒布でのダウンロードとなります。

    試し読みPDF(Googleドライブ直リンク)

    BOOTHからのダウンロード


    ◇シリーズ「幻影の双貌篇」について
    本作を含む一部作品にはシリーズ名がついています。
    サークルが同一の作品世界を扱う上での区分上の処置でして、
    作品そのものは続き物ではありません。
    ただしシリーズおよび作品舞台が同一という性質上、
    他の作品に登場した人物や事件の名前が登場します。
    「幻影の双貌編」は作中の敵役〈黄金の幻影の結社〉の暗躍と、
    その最終目標〈混沌なる黄金〉に焦点をあてた連作群を指します。
    シリーズ概要、解説等の詳細は下記のブログ記事をご覧ください。
    「幻影の双貌篇」(蒸奇都市倶楽部 電子広報)


    ◆注意
    本作は当倶楽部発行『蒸奇都市倶楽部報 第一号「幻影機関」』(2013年発行・在庫なし)掲載の『鐵と金剛 前編』ならびに、 『蒸奇都市倶楽部報 第二号「鐡と金剛」』(2013年発行・在庫なし)掲載の『鐵と金剛 後編』を、合本のうえ大幅に加筆修正を加え文庫化したものとなります。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

【新刊】鐵と金剛暗翳の火床蒸奇都市倶楽部報 短編集「科学文明の海」【二版】蒸気人間事件手向けの花は路地裏に【残部僅少!】

こちらのブースもいかがですか? (β)

BーREVIEW  薄禍企画    ひよ松&白そうめん  関西魂  茶話歴談  罪辞典  生活の批評誌  大阪桐蔭文芸部  雨の宿木  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。