こちらのアイテムは2020/1/19(日)開催・第四回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

the Bouquet (blue)

  • う-03 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ざぶーけ ぶるー
  • 浅梛 実幻
  • 書籍|新書判
  • 88ページ
  • 800円
  • 2020/01/19(日)発行
  • 『たとえさよならだとしても、愛はずっと此処にある』

    『さようなら』と『ありがとう』の気持ちを込めた花にまつわる短編集。
    二冊セット購入で1500円になります。
    ファンタジーから純文学、童話まで幅広く、初見さんにも古株さんにもおすすめの一冊です。

    1 アジサイ「雨に願う」
    ある香水店での雨の日の物語  
    2 ブルーボネット「青いドレスはもう着ない」
    アルビノの姉妹の愛の形の物語
    3 幻の青いケシ「拝啓、親愛なる高嶺の花」
    手を伸ばしても届かない高嶺の花の物語
    4 バラ「所詮、ただの夢ならば」
    薔薇の姫と呪いの口づけを巡る物語
    ※平成三十年に発刊したキスアンソロジー「くちびるから微熱」に寄稿したものを大幅に加筆修正しました

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

the Bouquet (red)the Bouquet (blue)飲み物アンソロ「五臓六腑に沁みこんで」言伝えアンソロ「実しやかに嘘、真」CCCは愛を謳うCCCへ愛を捧ぐ名も無き薔薇の伝承譚BLUE ROSE残響センセーション

「気になる!」集計データをもとに表示しています。