こちらのアイテムは2020/1/19(日)開催・第四回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

江古田文学102号

  • う-23〜24 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • えこだぶんがくひゃくにごう
  • 江古田文学会
  • 書籍|A5
  • 326ページ
  • 700円
  • 2019/12/31(火)発行
  • 江古田文学は日本大学芸術学部文芸学科発行の文芸誌です。

    「江古田文学」第102号

    【第十八回江古田文学賞発表】
     佳作「ララパルーザ」村山はる乃
     佳作「パッチワーク」山本貫太
     受賞のことば
     選評 高原英理/多岐祐介/谷村順一/楊逸/富岡幸一郎

    【特集 説経浄瑠璃 三代目若松若太夫】
    「説経浄瑠璃三代目若松若太夫特集に寄せて」上田薫
    「説経節の歴史と伝統」小峰孝男
    「説経浄瑠璃 三代目若松若太夫師インタビュー」
    「二代目若松若太夫と説経節」青木久子 聞き手 上田薫
    「説経浄瑠璃 三代目若松若太夫 語本」

    【創作】
    「撲つ」中村徳昭
    「醒めた眼」島﨑葵

    【連載】
     第六回:動物で読み解く『罪と罰』の深層 清水正

    2019年12月31日発行

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

江古田文学102号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。