こちらのアイテムは2017/1/22(日)開催・第一回文学フリマ京都にて入手できます。
くわしくは第一回文学フリマ京都公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

湊屋の梢さんと居候の二階堂くん

  • き-17 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • みなとやのこずえさんといそうろうのにかいどうくん
  • 姫神雛稀
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 0円
  • https://note.mu/hime/n/nf4df5…
  • 2015/3/8(日)発行
  • 【払ったつもり募金型頒布】
    この頒布物について、春夏冬はお代をいただきません。頒価相当額500円はお近くの店舗等に設置の募金箱等にお入れくださいますと嬉しいです。強制ではありません。




    ※テキレボアンロジー『はじめての×××』参加作「先輩の言うことは」の少し後から約半年後までのお話です。
    澤ノ井の湊屋といえば、由緒正しい和菓子の老舗。
    その創業家である湊原家の娘・梢と、湊原家の居候・二階堂は澤ノ井高校の先輩後輩関係でもあり、梢の小さな我儘に二階堂が振り回されることもしばしば。
     そんな中、女将の椿が体調を崩したのをきっかけに、梢が若女将として仕事を引き継ぐことに。
     なんとか要領を掴んでも、進路にまつわる親子喧嘩にストーカー事件、湊屋後継者問題などなど、なかなか楽はさせてもらえない。
     やる気ばかり先走って危なっかしい梢と、それをこっそりフォローする二階堂の二人三脚の物語。

    ------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
     実家は秘境と呼ばれるレベルの山奥にあって、中学でさえバスで一時間かけて山を下らないと通えなかったし、一番近い高校はバスと電車を乗り継いで三時間かかる。(ちなみにそのバス停まで徒歩二十分以上かかる)。おまけにこの春からそのバスが廃止になってしまうという悲劇。
     そんなわけで高校進学のために家を出ないといけなくなった僕は、いっそのこと偏差値の高いところに行ってやろうと思い立ち、猛勉強の末に父の母校である澤ノ井高校になんとか合格した。
     そして父の高校時代からの友人の家にお世話になる形で始まった僕の下宿生活の舞台は瀬戸内海に面した古くからの港町。地方都市としてにぎわう中心部からは少し外れたところ。
      和菓子の老舗・湊屋。
      一月半ばの寒い夜。この居候先の女将さんが倒れた。
      幸い命に別状はなかったものの暫く静養するべきだということになり、少々強引ながらも九州の昔馴染みのところへ移っている。
      この静養を強く勧めたのが湊屋の娘さん。母に楽をさせようと、自分が全てを引き継ぐつもりであれこれ手を出すのはいいんだけれど、最初からうまくいくわけがなく。
      手近なところにいた高校の後輩である僕を巻き込んだ。
      それからというもの僕は『本気で言ってます?』という台詞を、何度も発することになる。
     (本文3Pより)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

四季彩 〜秋号〜Merry-go-roundサンタマリアの約束四季彩2〜 菓子号〜DUEL×JEWELその愛は嘘の色プチアンソロジー 食べ物湊屋の梢さんと居候の二階堂くん就活クラッシャー ダウンロード版Before the Day Freezes猫神さまの言うことにゃ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。