こちらのアイテムは2018/5/27(日)開催・第四回文学フリマ金沢にて入手できます。
くわしくは第四回文学フリマ金沢公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

見神

  • い-01 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • けんしん
  • 沙世子
  • 書籍|A5
  • 94ページ
  • 700円
  • 「私は、神を見たい」 

     中世ブラバンドに世俗と交わりながら福音の理想を生き、「ベギン」と呼ばれる敬虔な女たちの集落があった。
     ブラバンドの南、静かな山村に隣接するシント・ヤンス修道院で書記を務めるベギン、マルグリッドは祈りの生活の中でかすかな違和感を覚えていた。幼いころから「聖女」と呼ばれ、神の言葉を理解した姉、ヘルトルートが若くしてこの世を去った。彼女が生前残したのは、「私は、神を見たい」と言う言葉。神はどこにいるのか、人はなぜ神の姿を求めるのか。答えの得られない問いにこころ乱されるなか、彼女は傷ついたキリストを描いた一枚の聖画を託される。あらゆる神秘を記録する修道士ヨハネとの出会いによって、彼女は聖画を「窓」とした幻視に導かれる。
    実在する中世の祈念画家(ヘールトヘン・トート・シントヤンス)の人生と敬虔な女性たちの歴史を軸にしたキリスト教小説。

    残部少数

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

海境より見神針葉樹林の怪獣風葬 兵卒BASARA短編集

「気になる!」集計データをもとに表示しています。