こちらのアイテムは2021/6/20(日)開催・第六回文学フリマ岩手(中止)にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ岩手(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

砂を握る、わたしは生きていると錯覚する。

  • イ-36 (評論・研究|サブカルチャー)
  • すなをにぎる、わたしはいきているとさっかくする
  • エリコ
  • 書籍|A5
  • 20ページ
  • 500円
  • 2019/06/09(日)発行

  • 新刊】

    「生まれて初めてのエッセイ。大人7年生で気づいた感情の手触りは“砂”だった。」

    悩み、苦しみ、過去と決別したいアレコレについて作者が得たこととは…?

    誰かのために書けないけれど、誰かに聞いてほしくて書いた備忘録です。


      目次

      脳内カセット

      怒られないように

      「あきらめる」を受け入れる

      二〇一九、四、三〇

      二〇一九、五、一

      生きている恐怖と虚無感

      魔が差す、その悪魔の声について

      砂を握る、わたしは生きていると錯覚する。

      あとがき


    ※表紙の色が変わりましたが、中身に変更はないです。ご承知おきください。


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

はじまりはいつも素足同人作家のための図書館ガイドクトゥルフ神話TRPGオリジナルシナリオ(仮)着物とスカートでハイカラ気分岩手女ひとり飯レシピ集:常備食〜限界飯まで砂を握る、わたしは生きていると錯覚する。

「気になる!」集計データをもとに表示しています。