こちらのアイテムは2023/2/26(日)開催・文学フリマ広島5にて入手できます。
くわしくは文学フリマ広島5公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

家庭侵略されています!〜魔王の逆異世界スローライフ〜

  • あ-30 (小説|恋愛)
  • かていしんりゃくされています まおうのいせかいすろーらいふ
  • 霧内杳
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 160ページ
  • 1,000円
  • https://sites.google.com/view…
  • 2022/9/25(日)発行
  • 「帰る家などない。
    それに苺と結婚したのだから、ここが俺の家だ」

    目が覚めたら隣に知らない男が寝ていた。
    そこまではいい……いや、よくないが。
    しかし問題はそこじゃなく、 男にはツノが生えていて、魔王ときたもんだ!
    しかもさらに、契ったから夫婦だとか言ってくる。

    そのまま魔王に居座られ、強引に婚姻届も提出させられ。

    ごく普通の会社員女子は、魔王の妻になりました。

    桜井苺(さくらいまい) 26歳

    大手総合企業事務職
    面倒見がよく、よく人に頼られる。
    頼まれたことは断れないお人好し。

     ×

    ニキシアス・ ベリト・キュラバム
    通称、ニキ

    元魔王 見た目は20代後半
    間違ったことが大嫌い。
    そのせいで会社勤めに向かずに、専業主夫に。
     
    このまま私の家庭、魔王に侵略されちゃうの?
    ******
    【サンプル】

    第一章 魔王の妻になりました

     ――目を開けたら知らない男の顔が見えた。

     ……ああ、これはやっちまったパターンか。

     二十六歳にもなり、少ないなりに経験もあればそれくらいすぐに悟れる。年も同じくらいに見え、きっとそうなんだろうとなんとなく納得し、ベッドの中でもそもそと寝返りを打って再び目を閉じた。昨日は、悪いお酒だったもんなー。仕事押しつけられたうえに、評価は横取りされて。あんな会社、いい加減辞めたい。相手は目を覚ます気配がないし私も二度寝しようとしたものの、ありえないものを見た気がして思わず起き上がっていた。

    「ツノ!?」

    「うるさい……」

     私の声に反応した男がそのツノが邪魔にならないようにか、角度を変えてまた枕に顔をうずめる。

    「ええっと……」

     酔った勢いで男を連れ込み、一夜の過ちを犯したまではいい。……いや、よくないが。しかしそこまではそこそこありがちな展開なので、まだ理解できる。問題は彼の頭に生えているあの――ツノだ。

    「本物……?」

     起こさないようにそーっと、それに触ってみる。きっと、コスプレの作り物だと思う。けれど、いくら揺らしたところで外れる気配がない。

    「えっ、ちょっ、なんで!?」

     次第にどうにかして取ってやろうと躍起になっていた。

    「痛いんだけど」

     そのうち鬱陶しくなったのか、男がのそりといかにも迷惑そうに起き上がった。

    「どうしてこれ、取れないの!」

    「あー……」

     頭をぼそぼそと掻き、男は私の抗議を受け流した。

    「生えてるからに決まってんだろ」

     はぁっと煩わしそうに男の口からため息が落ちる。なに当たり前なこと聞いてんの?って感じだが、私の常識の中に頭にツノが生えている人間はいない。

    「いやいやいや。ない、ないから」

     ツッコみつつ、二日酔いからではなく頭が痛い。これは凄く、面倒くさい人間を連れ込んじゃったんだろうか。昨晩の私に膝詰めで説教したい。

    「なにがないんだ、我が妻よ」

    「……は?」

     さらに彼の口から耳を疑う言葉が出てきて固まった。三瞬のち、あいたままの自分の口に気づいて慌てて閉じる。

    「……いま、なんて言った?」

     おそるおそる、どうか私の聞き間違いであってくれと願いながら聞き返す。

    「ん? だからなにがないんだ、我が妻よ」

    「んー」

     〝我が妻〟って誰のことだ? ってここには私と彼しかいない。いつ、私は彼と結婚したんだ? そもそも、あのツノはなんだ? ああ、あれか。きっとこれは夢だから、寝て目が覚めたらいつもどおり……。もそもそと布団に潜り、目を閉じる。しかしすぐに、男から起こされた。

    「妻よ。寝るのはいいが腹が減った」

    「んんっ!」

     人がせっかく夢で片付けようとしているのに、現実に戻すがごとく男の腹が派手な音を立てる。

    「はぁーっ……」

     仕方なく再び起き上がり、諦めのため息をつく。

    「……なんか作るからちょっと待ってて。……おっと」

     嫌々ベッドを出たところでよろめいた。

    「大丈夫か?」

     男の眉間に心配そうに皺が寄る。

    「平気」

     などと答えながら、微妙な身体の不調に気づいた。ぐっすり眠ったはずなのに、疲れがまだ停滞している。しかしこれは、昨晩飲み過ぎたせいだと片付けた。

     簡単に洗顔等を済ませ、キッチンに立った。だいたい、なんで私が朝食を作ってやらないといけない? あれか、家事は女がするものとでも思っているのか。そんなヤツはお断りだ。なんか変な人だし、朝ごはんを食べたらさっさと出ていってもらおう。

    「できたよー」

     テーブルの上に料理を並べていく。不本意だったのもあり、千切ったレタスに目玉焼き、あとは炒めたウィンナーとトーストと、簡単手抜きだ。

    「すまないな」

     キッチンへ来た男はベッドの中ではわからなかったが、縦にデカかった。それはいいが、ほぼ真っ裸なのはなんでだろう?

    「あのさ。服、着てもらえる?」

    「あー……。服は、ない」

     男は困ったように頬を掻いている。

    「勇者との激闘の末ここに飛ばされてきたので、服は破れてこれだけしか……」

     情けなさそうに男が摘まんだのは、腰回りにかろうじて纏わり付くボロ布だった。私の中で彼の評価が、〝コスプレ野郎〟から〝厨二病の危ない人〟にクラスアップされる。勇者と激闘って、自分は魔王だとでもいうのか? さらに異世界転移でもしてきたと。そういう話はラノベとアニメの世界だけでお願いしたい。

    「……とりあえずこれ、着てて」

     昔の彼氏が置いていったジャージを引っ張り出して彼に渡す。処分していないのは未練ではなく、ただ単に面倒くさいからだ。

    「助かる」

     彼は受け取ってそれを着たが、Tシャツはツノが通らないから諦めたみたいだ。上着が前開きだったのは不幸中の幸いか。それにしても、前の彼氏は平均的な身長だったのでズボンの丈が足りないのはわかる。しかし上着が若干、短いくらいなのはどうしてだ? あれか、それだけ腰が高いのか。少し長めの黒髪がぼさぼさなのは寝起きだから仕方ないとして、よく見れば顔もいいし、厨二病なのがつくづく惜しまれる。

     服も着てもらったので、彼と向かいあって朝食を取る。箸を出していたが、どうも彼は使いづらそうなのでフォークを渡した。黒髪黒目で日本人とも西洋人とも区別がつかないような顔立ちだから、もしかしたらあちらの人なのかもしれない。それにしては日本語が流暢だが。

    「ごちそうさまでした、と。じゃあ、さっさと帰っていただけますか?」

     食事も終わり、にっこりと笑って彼に退去をお願いしたものの。

    「帰る家などない。それに苺(まい)と結婚したのだから、ここが俺の家だ」

    「……は?」

     男は頷いているが、私にはまったくもって状況が理解できなかった。

    「えっ……と。私とあなたが、いつ、結婚したと?」

     結婚したなどという記憶はこれっぽっちもない。しかしながら昨晩はお気に入りの居酒屋でひとり飲んでいたあたりから記憶がすっぽり抜け落ちているので、そのあいだになにかあってもわからないが。

    「同衾したら夫婦なのは常識だろ?」

    「ええーっ、と?」

     ドヤ顔をされても、そんな常識は日本にはない。やはり彼は外国の方らしい。

    「そんな常識はありませんので、お気になさらずお引き取りを……」

    「い、や、だ。俺は苺と契ったのだから番(つがい)だ。ここにいる」

     ぷいっと彼が、私の話を拒否するかのようにそっぽを向く。いやだとか子供か! なんてツッコまなかった私を褒めてほしい。

    ……以下、続く。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

お取り置きのご案内めがね文庫試し読み冊子2023年文フリ版念願の婚約破棄された悪役令嬢は、なぜか廃嫡寸前の変人王子に執着される家庭侵略されています!〜魔王の逆異世界スローライフ〜もっとも苦手な彼と一夜を共にしたならば悪役令嬢はひきこもりたい網代さんを怒らせたい子持ち愛妻家の極悪上司にアタックしてもいいですか?天国の奥様には申し訳ないですが担当の営業社員は傲慢でした可愛いのは猫ですか?〜冷徹上司の溺愛事情〜蜜婚遊戯〜ファーストキスから溺愛されています〜契約結婚に初夜は必要ですか?6年分の遠回り〜いまなら好きって言えるかも〜愛してる、だから殺した。秘するは華。暗く、緋く。【R18】私の愛する悪い男【R18】俺がいないとアイツが泣くからあまあま〜スイートな恋物語〜花の色は〜恋愛短編集〜【BL】恋の講義をお願いできますか?【BL】ファーストパフェ【BL】耳と尻尾は2度目の初恋をする けも耳オメガバース短編集

「気になる!」集計データをもとに表示しています。