こちらのアイテムは2020/2/23(日)開催・第二回文学フリマ広島にて入手できます。
くわしくは第二回文学フリマ広島公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

のらきた-ふしぎくらべ-

  • A-20 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • のらきた ふしぎくらべ
  • たけみや もとこ、喜多 純、他(敬称略)
  • 書籍|A5
  • 46ページ
  • 200円
  • 2020/02/23(日)発行
  • 「のらきた‐ふしぎくらべ‐」は、喜多屋(喜多 純)さんと文芸サークルNoRa(代表・たけみや もとこ)が初めてコラボした、「不思議」をテーマとする小説アンソロジーです!
     本誌に収録された小説は、いずれも「不思議」をテーマにしています。また、各作品が「アイデア(原案)交換」という過程を経て執筆されているのが、この合同誌の特徴です。

    例)
    喜多 純×たけみや もとこ
    喜多 純「日ノ出御崎の夏」
    たけみや もとこ「ハナグスリ」
    の場合……
    喜多さん作の「日ノ出御崎の夏」のアイデアをたけみやが、たけみや作の「ハナグスリ」のアイデアを喜多さんが担当
    アイデアの内容や抽象度はそれぞれ自由ですが、どれも「不思議」を基調とすることがあらかじめ決められています。
    本誌には、2組のペアによって4作品の「不思議」な短編小説が寄稿され、さらにアイデア発案者の考えるオリジナルエピソード(もし自分でそのアイデアを発展させるならどんな小説を書いていたか?)も収録されています。

    書き手により色を変える、さまざまな「ふしぎ」の話を読み「くらべ」ることができる本、それが「ふしぎくらべ」です!

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

NoRa Vol.2ブックマーカーのらきた-ふしぎくらべ-

「気になる!」集計データをもとに表示しています。