こちらのアイテムは2023/10/22(日)開催・文学フリマ福岡9にて入手できます。
くわしくは文学フリマ福岡9公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

幻遊剣士 理想と現実の狭間に 第一章

  • 7F中ホール | B-10 (小説|ファンタジー・幻想文学)
  • げんゆうけん しりそうとげんじつのはざまに だいいっしょう
  • 想兼ヒロ
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 140ページ
  • 700円
  • https://amzn.to/3EhPyxn
  • 2023/8/30(水)発行
  • かつて数多の英雄達が散った大地に、再び戦乱の炎が舞い上がる。


    幻に遊ぶ人々、束の間の幻に夢を見る。その眼前には久しくなかった輝き。厚き雲が避け、一条の陽が差し込んでいた。 麗しかった大地は魔が支配し、亡者が闊歩している。長き夜を嘆く人は光に祈った。 ――ああ、我らを救い給え。 その祈りに応えしは、天界の七神。すなわち、光、星、月、風、雷、炎、水の神。神々は人に聖なる力を授けた。聖戦士の誕生である。 希望の灯は魔を退ける。そして、再び大地は輝きに満ちるようになったのである。 ~『幻遊戦争記』より~
    人と魔が争った幻遊戦争より二百余年、平穏に慣れたアルシリア大陸に再び不穏な空気が満ち始める。 そんな中、ヴェレリア王国の若き士官候補生シルクは己の理想と目の前の現実の違いに決断を迫られていた。

    ※長編の一冊目になります。
    URLから試し読みができますので、ぜひどうぞ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

星使いティンクル・ライツ 願いは流星とともに (1)幻遊剣士 理想と現実の狭間に 第一章魔王無き世の英雄譚 砂上に舞う『歌姫』は、高らかに『最強』を唄います

「気になる!」集計データをもとに表示しています。