こちらのアイテムは2020/10/18(日)開催・第六回文学フリマ福岡(中止)にて入手できます。
くわしくは第六回文学フリマ福岡(中止)公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

紅茶ート式自炊学III+C

  • こうちゃーとしきじすいがくさんしー
  • 神聖自炊帝国
  • 書籍|豆本
  • 28ページ
  • 100円
  • 2018/10/28(日)発行
  •  大反響を呼んだ(気がする)「自炊学I+A」「自炊学II+B」出版から一年以上が経過し……神聖自炊帝国宛に届いた感想は、どれも素晴らしいものだった。曰く、「本棚に置いておくのが苦痛で仕方ない」「ゴミ箱に放り込む労力さえも惜しい」「トイレに流してしまいたい」「どうして買ってしまったのだろう」云々、云々。

     これらの指摘を受け、我々はとある結論に辿り着いた。

     そう、これからの自炊学シリーズは「本棚のスペースを占拠せず」「簡単に捨てられて」「トイレに流せる」ものでなくてはならない。そうすればきっと「買ってよかった」「こんなの買ったっけ」と思ってもらえるものになるはずである。

     それらの要望をすべて満たす、新たな自炊学とは――そう、答えはひとつしかない。

     小さくすればよいのだ。

     これなら本棚に置いても場所を取らない。簡単に捨てられる。トイレにも流せる。これですべて解決だ。

     やはり、人類は余分にものを持ちすぎているのだ。不要なもので溢れた現代、我々はいかにして生きるべきなのだろうか。身の回りに様々なものや情報が溢れすぎて、押し流されるように生きてはいないだろうか。自分自身が見えなくなってはいないだろうか。

     大量生産・大量消費の時代は終わった。これからは本当に必要なものだけを選び抜き、必要最小限のものだけを持って生活していくべきではないか。そう、断捨離だ。レッツこんまりだ。

     エジンバラに住む断捨離の達人ダン(32)とシャーリー(31)を訪ねた我々は、その驚異的な暮らしぶりを目の当たりにした。

     もはや家さえもなかった。彼らは大きな樹の下で雨風を凌ぎ、雨水や樹液を啜り、木の根を食んで生活していた。そこには何もなかった。けれど充実していた。「なにもない」という快い環境に優しく包まれて、彼らはとても幸せそうに見えた。

    みんなモノを持ちすぎているんだ」ダンは草を噛みながら我々のインタビューに答えてくれた。

    実際のところ、生きるためにどうしても必要なものなんてほとんどありはしない。その気になればね

     シャーリーは頷いた。

    私たちは何も持たない。何かを持ったとしても、片手だけ。もう片方の手はいつでも空けておくの。そうするとね、とっても素敵なものを掴めるのよ

    そう、幸せってやつをね

     二人は笑いあって微笑んだ。私は目頭が熱くなるのを感じた。なんという、なんという自由!

    ああ、待ってくれ。一つだけ捨ててはいけないものがあった

     ダンは樹の虚から「自炊学I+A」と「自炊学II+B」を取り出した。

    この自炊学シリーズだけは絶対に捨ててはいけない。どんなにミニマルな暮らしをしようともね

    これがないと生きていけないわ

    そうそう、今度の文フリで自炊学III+Cが再版されるんだって? 僕らのぶんも買ってきてくれよ

     我々はダンとシャーリーに礼を述べ、その場を後にした。

     我々はもう迷わなかった。自分のなすべきことがはっきりと見えていた。家に帰ったらいらないものを全部捨てて、ミニマルな生活を始めよう。そして自炊学シリーズを全部十冊ずつ買おう。

     シンプルに生きよう。


    歴代最傑作 「紅茶ート式 自炊学III+C」 発売中!


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

改訂版 抹茶ート式自炊学I+A改訂版 麦茶ート式自炊学II+B紅茶ート式自炊学III+C改訂版 譁?ュ怜喧縺茶ート式 自炊学IV+DRistorante FantasiaSomething Four

こちらのブースもいかがですか? (β)

朝焼けの4号室  漫画の手帖九州出張所  暮亭  

「気になる!」集計データをもとに表示しています。