こちらのアイテムは2019/10/20(日)開催・第五回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第五回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

GranG1

  • う-33 (小説|ライトノベル)→配置図(eventmesh)
  • ぐらんぐ
  • 大福黒団子
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 71ページ
  • 500円
  • 2019/10/20(日)発行
  •  かつて、悪魔に裏切られた錬金術師達が居た。原因は彼らの中にいた一人の錬金術師。彼が悪魔と協力し、他の錬金術師や人々を悪魔の同胞に変えていった。
    その名は――ラウム。錬金術師達は事態の回収、そして被害をこれ以上増やさない為に協会と呼ばれる組織を結成。のちにそれは、ラウム狩りの協会と呼ばれ、そこに集う狩りに特化した錬金術師達は番人(エリート)と呼ばれるようになる。  
    やがて、ラウムを使った人間兵器が作られ、時代は混沌と化す。
    その名は――“キメラ”
     ラウムと人間を混ぜ、強大な力を得た代償に彼らは性と成長そして彼の記憶と知識と理性を失う。それは人の終わりであり、怪物の始まりであるとされていた。

    “夢見る老人”の時代は去り“希望を抱く赤子”の時代が始まった――。
    無性別のキメラであり、自称百五歳のクラフティ・コーネリアは己の師匠ウィルド・ヴィクターの命により、
    ルージュと呼ばれる番人の支部に職員として働くこととなり、自らの相方となる青年ルヴィス・カイトスと出会う。

    職員としての勤務期間は五年。その間、彼らは何を得てどう生きるのか。

    ジャンル:ポストアポカリプスな廃退世界で怪奇を狩るダークファンタジーなライトノベルです。
    グロ目安は大よそR-15Gほど。
    カクヨム様にて、こちらの百年前の話「ヴィクター家の番人」を公開中です。

    無性別主人公は いいぞ


ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

GranG1アクスタクラフティ

「気になる!」集計データをもとに表示しています。