こちらのアイテムは2015/10/25(日)開催・第一回文学フリマ福岡にて入手できます。
くわしくは第一回文学フリマ福岡公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

トルタの国語 偉人の書

  • え-12 (評論|その他)→配置図(eventmesh)
  • とるたのこくご いじんのしょ
  • 企画 TOLTA
  • 書籍|A5
  • 1,200円
  • 2014/11/24(月)発行
  • A5版 176ページ フルカラー口絵入り
    イベント特価1200円
    執筆者 梅田径、及川俊哉、榎本櫻湖、大崎清夏、カニエ・ナハ、川口晴美、久谷雉、草間小鳥子、紺野とも、最果タヒ、橘上、永澤康太、中島裕介、文月悠光、ブリングル、南谷奉良、河野聡子、山田亮太

    表紙 東直子 イラスト 一條おろち
    編集 河野聡子 企画 TOLTA

    国語の教科書は、人生で最初に出会う「総合文芸誌」です。  
    トルタは「国語教科書」というものを、多様な言葉で作られたコンテンツに触れることによって、日本語の能力を向上することを目的にした創作物だと考えています。我々はこれまで、2009年のトルタの国語、2010年トルタの国語 冒険の書という、勝手な「国語教科書」を作ってきました。この「トルタの国語」シリーズは、誰もが人生で一度は接する総合文芸誌たりうるような、楽しく、ためになり、この本を使うことで日本語のありようについていろいろ考えることができる、そんな本をめざすものです。
    さて、今回4年ぶりにトルタがチャレンジした「トルタの国語」は、これまでの2作とはちょっと違う、「偉人」というテーマでお届けします。
    小学校時代、図書館でさまざまな「偉人伝」シリーズに親しんだ方も多いのではないかと思います。偉人伝のいいところは何かというと、「世の中にはこんなにも奇妙な、変わった人々がいるのだ」ということを教えてくれ、周りの世界を見る眼を変えてくれるところです。偉人というのは、自分の尺度というものを離れた事柄がこの世にあることを思い知らせてくれるという意味で、教育的な存在でもあります。そこで今回の「国語」は、これまでの人類に存在していたいろんな「すごい人」を扱ったコンテンツを通して、いろいろな種類の言葉の広がりを集成した本を作ることにしました。

    この「偉人の書」では、45人の偉人が取り上げられています。

    どんな偉人がフューチャーされているのかは読んでのお楽しみですが、
    たとえば、
     
    徳川家康
    バッハ
    葛飾北斎
    ダーウィン
    濱口雄幸
    レディー・ガガ
    釈迦
    といった個性的な面々です。
     
    これらの偉人たちをダシにして、いや、これらの偉人たちを後世に伝えるべくこの教科書に書かれた内容は、評論、詩、戯曲などさまざまです(なんといっても国語の教科書は、何でも載せられる総合文芸誌だからです)。なぜか18世紀に生きた人の履歴書があります。古文もあります(ただし18禁です)。短歌もあります(英語とフランス語も出てきます)。絵も描けます(もはや国語なのかどうかよくわかりません)。そしてこれらのコンテンツに、読んで考える問題、単に考える問題、等々がついています(なんといっても、教科書ですから)。
     
    たくさんの方にお手に取っていただければ幸いです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

現代詩100周年トルタの国語 偉人の書

「気になる!」集計データをもとに表示しています。