こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

自分に無理なく 働く暮らす

  • 第一展示場 | D-37〜38 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • じぶんにむりなく はたらくくらす
  • 松岡美希
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 176ページ
  • 1,250円
  • https://store.jibunjikan.jp/i…
  • もっと無理なく、はたらきたい。暮らしたい。

    「はたらく」と「暮らす」に関して転機を迎えていた2021年。悩みながらも試行錯誤をする中で綴ってきた文章に、加筆修正をしてまとめたエッセイ集です。

    ◇◇◇

    今の働き方に違和感を持っているのに、一歩踏み出す勇気がちょっと足りない。「本当はこうしたい」に気づきながらも、どうしても踏ん切りがつかない。その葛藤が、エッセイにも滲み出ています。

    一方で暮らしの面では、憧れだった海街に越してきて、ようやく心地よい暮らしに近づき始めた……かと思いきや、「ここに住みたい」を実現した結果浮き彫りになったのは「暮らす場所以外にも、たくさん見直すべき部分がある」ということでした。

    「こっちに進みたい」は、もう見えている。
    どうすれば自分に無理がないのかも、なんとなくわかっている。

    でも、勇気が足りない。

    2021年は自分の中にある勇気を必死でかき集め、結果的に2022年に一歩を踏み出すことになります。

    そこまでの悩み、葛藤、試行錯誤、決意。

    noteに綴ってきたエッセイの中から、テーマに沿って選定し、再編集して一冊にまとめました。すでにnoteでお読みになった方も、きっと紙で読んでいただくと、また違う印象を受けると思います。もしよかったら、本棚にお迎えいただけたら嬉しいです。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

このままではない これからへ自分に無理なく 働く暮らすちいさなブランドをつくる自己分析ノート自己探索ノート強みノート働き方を考えるノート暮らしをつくるノートじぶんスケッチブック