こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

代わりになる言葉

  • 第一展示場 | L-15 (小説|純文学)
  • かわりになることば
  • 旗原理沙子
  • 書籍|A5
  • 51ページ
  • 500円
  • 二人の恋人のあいだで迷っている独身男性、知頭。そろそろ結婚相手を一人に絞ろうと考えていた彼のもとに、「イカレ野郎」である父の幻影が現れ、奇妙な船で夢幻を旅する。知頭と三角関係を織りなすのは、東京浅草に住むニート女子「睦月」と、京都祇園に住む完璧な女性「毎美」。二股をしている自分に揺れながら、イカレ野郎と共に世界に疑問を呈す。ごみのなかから飛び出す精霊、ひも状の自我、混ざり合う赤と青のスカート。船は北海道から長崎へ、マラッカ海峡からジブラルタルへと進む。奇天烈な現象があまた起こる船で、人類はどこへ行くのか、自分という人間は一人しかいないのか。予想のつかないSN(すこし・ナンセンスな)小説。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

ショートショート集 夢暴行ごみと碑/いぬのふぐり/二〇二二年恋と森ボトルシップと青い蛇代わりになる言葉ききなし/浄化槽/二〇二三年愛と海いのちの屑