こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

アドルムコ会全史

  • 第一展示場 | B-11〜12 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • あどるむこかいぜんし
  • 佐川恭一
  • 書籍|四六判
  • 444ページ
  • 3,100円
  • https://www.kawariniyomuhito.…
  • 2022/4/15(金)発行
  • 第二回阿波しらさぎ文学賞受賞後、「小説すばる」等で活躍めざましい若手小説家・佐川恭一の顰蹙必至異色長編3編収録した分厚い小説集を代わりに読む人から満を持して刊行いたします。

    安月給の工場で働く男がかつて自ら考案したデタラメな宗教に翻弄されていく「アドルムコ会全史」、個人の幸福度を計測できるようになった社会の公務員たちの働きぶりを描く「パラダイス・シティ」、ひとりではガールズバーにもいけない小心者の男の心の内面を描く「ブライアンズタイム」の書き下ろし長編、他短編2編を収録。荒唐無稽な展開と不謹慎な冗談が固定観念を壊してくれると同時に心の暗部を照射する。装画は『死都調布』『死都調布南米紀行』『死都調布ミステリーアメリカ』の漫画家・斎藤潤一郎さんに怪しくもカッコよく描いていただきました。

    著者略歴
    佐川恭一(さがわ・きょういち) 滋賀県生まれ。京都大学文学部卒業。『踊る阿呆』で第二回阿波しらさぎ文学賞受賞。著書に『サークルクラッシャー麻紀』、『受賞第一作』(破滅派、電子書籍)、『ダムヤーク』(RANGAI文庫)、『舞踏会』(書肆侃侃房)などがある。

    吉村萬壱さん推薦!

    本書は世界の本膣を射抜くことで、読者のみならず作者自身の男根とした信粘を怒張することに性交している。--吉村萬壱

    この〝顰蹙〟は買っておいた方がいい。
    ほとんど全ての人間が生きる中で抱えてしまう仄暗さや浅薄さをこそ、佐川恭一は徹底して書き続ける。そうして獲得した底抜けの悲哀と笑いは、私たちが生きる社会のままならなさを見事に描きだしてしまう。それは絶望なのか、希望であるのか。是非貴方の目で確かめてほしい。(toi book店主・磯上竜也)

    佐川恭一の作品は初めて読んだ。いったいどんな頭の構造をしているのだろう。完全におかしい人なのか、それとも真面目すぎて真っ直ぐすぎてやっぱりおかしい人なのか。こんなぶっ飛んだ作品は久しぶりだ。この次の展開がわかる読者を私は尊敬する!ってゆう展開がこれでもかと投入され、訳もわからず夢中になって、だんだん麻痺してきて、最終なんだかへらへらしながら読んでいた。無理やり毒に慣らされた感覚だ。読み終わった今は、毒が恋しい。(大垣書店イオンモールKYOTO店・辻香月)

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

試行錯誤1代わりに読む人1 創刊号 特集:矛盾ナンセンスな問い 友田とんエッセイ・小説集1アドルムコ会全史代わりに読む人0 創刊準備号うろん紀行読めないガイドブック パリのガイドブックで東京の町を闊歩する2パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1ふたりのアフタースクール ZINEを作って届けて、楽しく巻き込む