こちらのアイテムは2023/11/11(土)開催・文学フリマ東京37にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京37公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

うろん紀行

  • 第一展示場 | B-11〜12 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • うろんきこう
  • わかしょ文庫
  • 書籍|四六判
  • 202ページ
  • 2,200円
  • https://www.kawariniyomuhito.…
  • 2021/8/20(金)発行
  • 人はなぜ小説を書くのだろう。
    なぜ小説を読むのだろう。
    決して同じ場所にたどり着くことはできないのに。

    〝平和島のブローティガン〟
    わかしょ文庫による《小説を読む物語》

    笙野頼子『タイムスリップ・コンビナート』を読みながら海芝浦へ向かい、後藤明生『挾み撃ち』の足跡をたどり、巨大スーパーCOSTCOの喧 の中で大江健三郎『万延元年のフットボール』を読もうとする。著者は一見ふざけているようだ。しかし、実際彼女は不安に襲われながら読み訪ね、そして書く。本書はとても切実で危なっかしい《小説を読む物語》だ。うろんな物語を読み終えたとき、読者もまたこの社会での生き方を模索しはじめているだろう。日常の生きづらさが綴られた自主制作エッセイ『ランバダ』の著者がその硬質で端正な文体を余すことなく発揮した好評WEB連載に書き下ろしを加えて書籍化した商業出版第1作。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

試行錯誤1代わりに読む人1 創刊号 特集:矛盾ナンセンスな問い 友田とんエッセイ・小説集1アドルムコ会全史代わりに読む人0 創刊準備号うろん紀行読めないガイドブック パリのガイドブックで東京の町を闊歩する2パリのガイドブックで東京の町を闊歩する 1ふたりのアフタースクール ZINEを作って届けて、楽しく巻き込む