こちらのアイテムは2023/5/21(日)開催・文学フリマ東京36にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京36公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

フェミニズムのつどい「ある本屋」活動報告(2021年度)

  • 第一展示場 | Z-18 (ノンフィクション|エッセイ・随筆・体験記)
  • ふぇみにずむのつどいあるほんやかつどうほうこく
  • 本屋lighthouse
  • 書籍|B6
  • 120ページ
  • 800円
  • https://lighthouse24.thebase.…
  • 2022/11/20(日)発行
  • 当店にて隔月開催中のフェミニズム関連読書会「ある本屋」の活動報告冊子です。今号は2021年度開催の計6回分を収録のほか、運営協力・町田彩夏さんのエッセイ、特別寄稿で北村紗衣さんにも文章を寄せてもらっています。
    「ある本屋」についてはこちら→https://lighthousefeminism.substack.com/p/coming-soon
    ------------------------------------------------------------
    目次
    フェミニズムのつどい「ある本屋」と本冊子の目的
    第1回 『ファイト・クラブ』(チャック・パラニューク) 第2回 『わたしを離さないで』(カズオ・イシグロ)
    深い読みは役に立つけど、役に立たせすぎてはいけない(北村紗衣)
    第3回 特別版:小田急事件と優生思想発言を考える 第4回 特別版:ジェンダーと政治
    絶望の淵で希望を臨む(町田彩夏)
    第5回 「性」から考えるユートピア・ディストピア 第6回 『フラッシュ』(ヴァージニア・ウルフ)
    世界が変わる、世界を変える(町田彩夏)
    ------------------------------------------------------------
    B6版・120ページ

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

まばゆいフェミニズムのつどい「ある本屋」活動報告(2021年度)怒りの火を、希望の灯へ灯台よりvol.1〜4「最近○○で売れた本」売上スリップ・アーカイブ集 (2018/04〜2023/04)ユートピアとしての本屋 暗闇のなかの確かな場所

「気になる!」集計データをもとに表示しています。