こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

Solarfault, 空は晴れて

  • 第一展示場 | R-01 (小説|その他)
  • そーらーふぉると そらははれて
  • 山川夜高
  • 書籍|新書判
  • 192ページ
  • 1,700円
  • https://libsy.net/solarfault
  • 2022/11/20(日)発行
  • 『Solarfault, 空は晴れて』


    小口染め加工(青色)を施した特殊装丁本。

    ※書籍に触れた手や、周辺のものに青色が移る可能性があります。
    帯つき・挿絵つき

    「おれが作家(ハルキ)ならきみは記述(エクリ)だね」
    2012年〜2016年発表の小説シリーズ「Solarfault」に書き下ろし作品「空は晴れて」を追加した再録総集編。
    虚実の隙間に飲み込まれる信用できない語り手の「作家」と、「記述(エクリ)」と呼ばれた恋人が繰り返す、
    作家の「罪」を描いた虚実のあわいの恋愛小説。

    特設サイト

    収録作品の試し読みができます。
    https://libsy.net/solarfault

    収録作品

    誰がこれを書いているのか。書かれたものは誰なのか。

    「Solarfault」

    『solarfault』
    “からみついた指が、やはり嘘みたいだと思った。”
    (初出:2012『スイマー』スイマーズ)
    試し読み『solarfault』 全文をWebで読む

    『水底の街について』
    “本当にあれが本当のことか分からなくても?”
    (初出:2013『スイマー Vol.2』スイマーズ)
    試し読み『水底の街について』 全文をWebで読む

    『fragments』
    “ぼくの問題は、おおよそいつも「記述について」という点にあった。”
    (初出:2014『スイマー 完全版』スイマーズ)
    試し読み『fragments』 1章までをWebで読む

    『あとがき』
    “「この文は嘘である」この文の真偽は?”
    (初出:2016『嘘つきコルニクス』嘘つきコルニクス編集委員会)

    「空は晴れて」

    『fault』
    “その後の言葉が続かない。”
    (書き下ろし)

    『空』
    “ふたりは海へ行った。”
    (書き下ろし)

    通販のご案内

    当日会場に来られない方もお手に取れるよう、通販でも販売を行います。
    特設サイトから続報をお待ち下さい。
    https://libsy.net/solarfault

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

Solarfault, 空は晴れてCipher連ねたり想う Vol.1 イギリス・アイルランド【無料配布】海辺新聞 2023年11月11日号

「気になる!」集計データをもとに表示しています。