こちらのアイテムは2022/11/20(日)開催・文学フリマ東京35にて入手できます。
くわしくは文学フリマ東京35公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

猟奇者たち(明智小五郎怪異譚)完結編

  • 第一展示場 | D-45 (小説|エンタメ・大衆小説)
  • りょうきしゃたち あけちこごろうかいいたん かんけつへん
  • 和清
  • 書籍|A5
  • 104ページ
  • 600円
  • 2022/11/20(日)発行
  • ~作品紹介~
    明智小五郎怪異譚もついに完結!
    名探偵明智小五郎を名乗る謎の美少女怪異探偵『小五郎ちゃん』の出生の秘密。宿敵『空想師』の正体。猟奇者集団『東京区』の謎。そして猟奇者『大林モトキ』誕生の過去。そのすべてが明かされます。

    ~あらすじ~
    明智小五郎が死んだ。わずか十一歳の少女が空想師の魔の手によって殺された。
    同時に恋人である岩田早苗まで空想師によってさらわれ、失意のどん底に落ちる大林モトキ。
    そんな折、大林モトキの下に届く『断罪ゲーム』への招待状。
    それは、猟奇者集団『東京区』が行う、空想師主催のデスゲーム。「より猟奇者たれ」を合言葉に、猟奇者たちが集う猟奇の宴。
    恋人を取り返すため、小五郎の仇を取るため、大林モトキは空想師が指定する東京湾に面したS区の倉庫へと向かう。
    だが、そこで大林モトキが目にしたのは、現実とは思えぬ光景だった。倉庫の中には、広大な砂漠が広がっていたのだ。それは空想師がVR映像で作り出したパノラマワールド。
    「わがパノラマ城へようこそ!」
    空想師は、気が触れたようにノイズ声で叫ぶ。そして次に目にしたのは、花で編まれた衣装をまとわされて巨大な水時計の中に囚われている恋人の姿。
    ルールも何も分からぬまま、大林モトキは飛び込んでゆく。
    一歩間違えれば死が待ち受ける常軌を逸した空間の中、とうとう大林モトキの猟奇者人格が目を覚ます。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

猟奇者たち(明智小五郎怪異譚)完結編てるてる坊主と人面瘡(明智小五郎怪異譚)第二部空想師(明智小五郎怪異譚)第一部幻想奇譚短編集(三)『哀』幻想奇譚短編集(二) 幸福論幻想奇譚短編集(一) 『花』

「気になる!」集計データをもとに表示しています。