こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

冬にまつわる四編

  • ス-36 (小説|アンソロジー)
  • ふゆ
  • 舟岸南
  • 書籍|文庫判(A6)
  • 284ページ
  • 500円
  • 冬を舞台にした、どこか暖かい4つの物語。

    【収録作品】

    二十九歳フリーターの”私”が、バイト先の閉店を機に窮屈な現実を見つめ直そうとする。
    『海にベッド』


    大雪の中、部長と二人で釣り糸を垂らす時間。二人の間には何やら思惑があり…
    『釣果』


    もし雲の隙間から大根が生えてきたとしたら、世界はどうなると思う?
    『大根が空に生えて』


    映画監督になれなかった僕の青春は終わりを迎えようとしていた。
    『二十七歳の焦燥』

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

結局最後に死ぬ話実録怪異譚冬にまつわる四編

「気になる!」集計データをもとに表示しています。