こちらのアイテムは2022/5/29(日)開催・第三十四回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十四回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

ほんとうのわたしを見せてあげる

  • イ-21 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • ほんとうのわたしをみせてあげる
  • 大藤凛
  • 書籍|B6
  • 136ページ
  • 800円
  • 2019/12/29(日)発行

  • まなかは、彼氏とお酒に依存して暮らす大学生。舞台役者を目指していた。
    母の死をきっかけに、過去の自分と対峙する。


    (サンプル)

     ある日、夜更けに酔っ払って部屋へ帰ってきてふと、無駄なプライドというものは部屋の隅に溜まった埃みたいだなと思った。誇りと埃、似た言葉だし、いつだったかテレビでそんなセリフを吐く有名人を見たこともある。
     プライドそのものはだれしもがこころのどこかに持っているものだと思う。それを溜め込むことなく上手に昇華させられて、囚われることなく吐き棄てられるひとが羨ましい。
     わたしの場合、それは知らないうちに溜まっていくし、綺麗さっぱりなくしてしまいたいと思っても、必ずすこしは残ってしまうものだ。気にならないならそれでいい。でも、わたしのように気にしてしまう性分のひとにとっては、目障りでしかたがないものになる。
     寝ているあいだも、食事をしているあいだも、彼とセックスをしているときも、バイトで高価なアクセサリーを客の女に売りつけているときにだって、まるで空気のようにこころのすみっこにある。
     そして、ひたすら溜まり続けている。
     結局、わたしは無駄なプライドと仲良しなのだ。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

疾走蛍窓ほんとうのわたしを見せてあげる星になる

「気になる!」集計データをもとに表示しています。