こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

光の差す方へ〜古の巫女と伝説の島〜紹介本

  • カ-10 (小説|ファンタジー・幻想文学)→配置図(eventmesh)
  • ひかりのさすほうへ いにしえのみことでんせつのしま しょうかいぼん
  • 藤道 誠
  • 書籍|A5
  • 120ページ
  • 500円
  • 2020/09/01(火)発行
  • 剣と魔法と人が織り成す、RPG風王道ファンタジー小説



    こちらの本は、

    「初めての方でも手に取りやすく、楽しんでいただけるもの」

    をコンセプトに製作した1冊です。

    仲間たちとの絆と恋愛、謎の黒幕を追う緊迫感、歴史の裏で葬られた真実……陰謀渦巻く闇の中で、一筋の光を目指して歩み続ける女騎士の成長を描いた、王道の物語。
    頭の中に映像が浮かぶような文章で紡がれた物語の世界に身を委ねることで、彼女たちと一緒に旅をするような感覚をお楽しみください。 

    【収録内容】

    ◯第1章20話までの本編
    ◯キャラクター紹介
    ◯世界観設定&用語集(紹介本限定初公開!)
     ※将来的に、本編を文庫化(時期未定)した際にはそちらにも同様の情報を掲載しますが、web上で設定集・用語集として公開することはありません。 

    【購入者特典】

    本1冊を購入していただいた方にはもれなく、栞を1枚お付けします。
     メインキャラのイメージカラー(水色、緑、白、赤、オレンジ、ネイビー、紫)のリボンを付けてのお渡しです。

    【あらすじ】

     大挙する魔物。その裏で暗躍する漆黒の影。無慈悲に蹂躙され、紅に染まる神殿に、一陣の風が吹き抜ける。世界平和の象徴・光の巫女の護衛を担う聖騎士団長にして聖剣の使い手、イリア=クロムウェルである。
      しかし、聖剣の力をもってしても黒幕を捕らえるに至らず、神殿は壊滅的な打撃を受け、巫女も行方不明になってしまう。 
      仲間と共に旅立ったイリアは、不安と絶望に沈み、時に立ち止まりながらも、懸命に前を向き続ける。謎に包まれた黒幕をその手で捕らえ、己の命よりも大切な巫女を取り戻すために。

    【試し読み】

    試し読みページ
    ※試し読みは、第1話と第2話を掲載しています。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

光の差す方へ〜古の巫女と伝説の島〜紹介本光の差す方へ 短編集小説ペーパー

「気になる!」集計データをもとに表示しています。