こちらのアイテムは2021/11/23(火)開催・第三十三回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十三回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

創話拾遺集(三)

  • エ-32 (小説|エンタメ・大衆小説)→配置図(eventmesh)
  • そうわしゅういしゅう3
  • 筑紫榛名
  • 書籍|A5
  • 56ページ
  • 500円
  • 2020/11/22(日)発行
  • 春から投稿を始めた小説投稿サイトエブリスタの「超・妄想コンテスト」に投稿していた作品を集めた短編集の第2弾。以下4作品を収録しました。

    『僕らの祈りの先にあるのは・・・』

     国際宇宙ステーション第四号で重要なミッションが開始された。廃棄物を収集し、輸送船に詰め込んで投棄するのだ。しかし、ステーションから貨物船の切り離そうとしたところ、切り離されなかった。乗組員のシッコとチッチは、船外へ作業に出ることになったのだが……。
     「エブリスタ」超・妄想コンテスト第一二九回「星降る夜」出品作品。

    『開会式の花火』

     警視庁爆弾処理班の浅野は、犯行予告のあった爆弾の処理のためにレインボーブリッジに来ていた。他にも横浜赤レンガ倉庫、横浜ベイブリッジ、海ほたるにも仕掛けられていることがわかり、自衛隊と共同して処理することとなった。赤レンガ倉庫の爆弾は処理に失敗し爆発。さらに海ほたるの爆弾も爆発した。残り2つの処理を行うが、爆弾の設置場所が狭く、ロボットでは処理できず、やむなく手で解体することに。爆弾の箱を開けると、そこにはタイマーが二つあり、一つは犯行予告の時刻にセットされており、もう一つは猛烈な勢いでカウントダウンが始まっていた……。
     「エブリスタ」超・妄想コンテスト第一三〇回「あと5分」出品作品。

    『あなたの部屋で』

     大学生のときに出会ったあなたに、私はプロポーズされた。最近あなたはなんとなくよそよそしかった。だから私はあなたの家に行ってみることにした。部屋の前まで来て、玄関を開けて部屋の中に入ると、あなたがいた。しかしそこにいたのは、あなただけではなかった……。
     「エブリスタ」超・妄想コンテスト第一二四回「花言葉」出品作品。

    『林間学校にて』

     いじめられっ子の僕は、学校に来るのが苦痛であった。そんな僕は、林間学校の班決めのときに、長野君と友だちになった。彼もいじめられるタイプの子だったが、その後仲良くなった。
     彼と一緒にいると学校に来るのも楽しみになった。そして林間学校で、いい思い出を作れるかもしれないと、僕は期待していたのだが……。
     「エブリスタ」超・妄想コンテスト第一三一回「ひと夏の思い出」出品作品。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

創話拾遺集(四)創話拾遺集(三)創話拾遺集(二)snow drop正義の行方ふたりの指先嘘と偽りの真実創話拾遺集(一)

「気になる!」集計データをもとに表示しています。