こちらのアイテムは2021/5/16(日)開催・第三十二回文学フリマ東京にて入手できます。
くわしくは第三十二回文学フリマ東京公式Webサイトをご覧ください。(入場無料!)

世界の終わりは今日じゃない

  • イ-11 (小説|純文学)→配置図(eventmesh)
  • せかいのおわりはきょうじゃない
  • 花香みずほ、絢木硝
  • 52ページ
  • 500円
  • いつかいた誰かについて、女性作家ふたりによる短編集。残りくずの青春と燃え尽きた恋。

    収録作品:
    ◎たぶん、偏に春の夜の夢
    作:花香みづほ
    相模樹緒、25歳、ちゃらんぽらんのフリーター。最近は「ソノミチ」で軌道にのっている。バイト先の同僚、結婚した旧友、新しい成功。少しずつ変わる日常、春と夏の間の夜、相模はいつかの夢を見る。

    ◎カーボンナイズド・アバンチュール  
    作:絢木硝 いつか女子大生だった「私」は、大学の喫煙所が火事になったとニュースで知る。いつか、大学院生の「先輩」がそこにいた。だから「私」は、燃え尽きた恋の思い出を想起する。

ログインしませんか?

「気になる!」ボタンをクリックすると気になる出店者を記録できます。
「気になる!」ボタンを使えるようにするにはログインしてください。

同じ出店者のアイテムもどうぞ

世界の終わりは今日じゃない

「気になる!」集計データをもとに表示しています。